2009年11月27日

タニオコバM4 ようやくアウターバレルを交換

自腹レポート続編です。
ようやく発注していたアウターバレルが到着したので取り付けてみました。
ポピュラーなメーカーの製品はすでに試されている方も多く、あえてちょっとマイナーなメーカーをチョイスしました。
STAR AIRSOFTのステンレス調アウターです。

ハンドガードの隙間から覗く銀色のバレルにあこがれていたもので…。
ジュラルミン製で非常に軽量、削りだし製法なのでピシっとした仕上がりです。
ガスブロックまで付属しており、実売¥6,000内なのはお買い得?
(中間の段差、フロントサイト固定用スレッド、黒染め加工、刻印などが無いのでその分おやすいのでしょうが)
自分は334mmを選びました。

インナーバレルの組み込み作業ですが、チャンバーが収まる箇所の奥行きがマニュアルに指示された寸法よりも4mm程不足しているので、チャンバーの前を切り詰めます。
ちょうど、チャンバーを締める真鍮製のリングの直前でカットする事になりました。

アウターバレル側は、マニュアルに指示された給弾フックの逃がしの切り欠き加工以外に、右側のスリット部分も若干干渉するので削り取りました。


ここまでの作業に使用した工具は、ノギスとラジオペンチ、ダイヤモンドヤスリ(平、四角)と金属用小型ノコギリだけです。 
作業時間は1時間弱で済みましたが、同じ作業をもう一度行なった場合30分程で出来ると思います。
とにかく簡単でした。

完成状態です。

この、ちょっとだけバレルが突き出したスタイルが理想形でした。
満足です!

しかしながら、ガスチューブを用意するを忘れていたのがおマヌケ…。

次はストックチューブをガリっといきたいのですが、いい素材が見つかっていません。
何か良いアイデアは…。

そうそう、ショットショーにタニオ・コバさんが出展されるので、いろいろと質問をぶつけてみたいと思います。
社外パーツ組み込み見本もいくつかお持ちになられるそうで、皆様も参考にされてはいかがでしょう?


同じカテゴリー(タニオコバ M4カスタム)の記事画像
タニオコバM4 不調解消!
タニオコバM4 小物追加!
タニオコバM4 セレクターとマグキャッチをアンビに
タニオコバM4 グリップをMIADに
タニオコバM4をURXにしてみました
タニオコバM4 ハンドガードを換えてみる
同じカテゴリー(タニオコバ M4カスタム)の記事
 タニオコバM4 不調解消! (2010-02-19 16:19)
 タニオコバM4 小物追加! (2009-12-02 20:47)
 タニオコバM4 セレクターとマグキャッチをアンビに (2009-11-23 21:26)
 タニオコバM4 グリップをMIADに (2009-11-19 22:05)
 タニオコバM4をURXにしてみました (2009-11-14 23:02)
 タニオコバM4 ハンドガードを換えてみる (2009-11-06 12:29)

Posted by L.A.GUNSHOP  at 00:46 │Comments(0)タニオコバ M4カスタム

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。