2009年11月19日

タニオコバM4 グリップをMIADに

自腹レポートの続きです。

グリップをMAGPUL MIADグリップ(レプリカです)に交換してみました。
販売ブランドはGSGですが、おそらくELEMENT名義で流通しているものと同じでしょう。

特に悩む事も無く取り付け完了です。
セレクタープランジャースプリングの受け部分として、約3mm厚のプラ板を内側に追加しました。
選択式のフロントストラップをトリガーガード一体のものにしたところ隙間が若干生じましたが、手の皮が挟まって痛いといった程ではありません。
このトリガーガード一体式のデザインが目的だったので、細かい事は気にしません。
トリガーガード先端は固定用のプランジャーも無く、ただ横穴が空いているだけでしたので、イモネジをねじ込んで支えてあります。

バックストラップはピン一本を外すだけで、気ままに三種類に交換できます。
個人的には手が大きいので一番大きなものにしてあります。

さて、バレルの交換なのですが、VFC製コンバットマスターに付属していたものを加工しようと思ったのですが、よく調べてみたら基部の寸法に問題がありました。

ソケット部が、前に向かって太くなっており、レシーバー側もこの形状に合わせてあります。
もちろんタニオコバ製レシーバーには最後まで入りません。

という訳で、他社製のアウターバレルを探していますが、11.5inの小型ガスブロック対応のものが見当たりませんでした…。
G&P製は小加工で装着可能と聞いていますので、その他のメーカーのもの(それもちょっとマイナーな)を試してみたいと思います。
それはまた後日。

最後に現在の状況です。

流行のスタイルのレプリカドットサイトなぞ載せていい気になっています。
ちなみにドットサイトはUFC扱い品ですが、マウントベースはそのままではフィットせず、斜めにマウントされましたので、マウントの内側を削って合わせています。
このスタイルのマウントですんなりと載るものは殆ど無いですね。
実物のレイルにも斜めに載るので困りものです。


同じカテゴリー(タニオコバ M4カスタム)の記事画像
タニオコバM4 不調解消!
タニオコバM4 小物追加!
タニオコバM4 ようやくアウターバレルを交換
タニオコバM4 セレクターとマグキャッチをアンビに
タニオコバM4をURXにしてみました
タニオコバM4 ハンドガードを換えてみる
同じカテゴリー(タニオコバ M4カスタム)の記事
 タニオコバM4 不調解消! (2010-02-19 16:19)
 タニオコバM4 小物追加! (2009-12-02 20:47)
 タニオコバM4 ようやくアウターバレルを交換 (2009-11-27 00:46)
 タニオコバM4 セレクターとマグキャッチをアンビに (2009-11-23 21:26)
 タニオコバM4をURXにしてみました (2009-11-14 23:02)
 タニオコバM4 ハンドガードを換えてみる (2009-11-06 12:29)

Posted by L.A.GUNSHOP  at 22:05 │Comments(0)タニオコバ M4カスタム

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。