2009年11月14日

タニオコバM4をURXにしてみました

タニオコバ製ガスブローバックガンM4A1の店員自腹レポートの続編です。

今回は、本日入荷しましたVFC製 M4コンバットマスターと合体させてみました。
M4コンバットマスター自体もかなり良く出来てます。
余った(?)本体は何に使おうか思案中…。



まず、URXハンドガードを組み立てた事が無いので、その取り外し方法にかなり頭を絞りました。
ご存知の方は読み飛ばしてください(汗)

絶対に必要な工具はG&P製の「インストールツールキット」です。
手順は以下の通り。

1:ガスブロックしたのイモネジを外してガスブロックを前に無理やり引き抜く
 ガスブロックの頂点がハンドガード内側に食い込んでいる構造で、ハンドガードとアウターを無理に開きながら隙間を通しました。
 このガスブロックの上手い外し方をご存知でしたら教えて下さい…。

2:バレルナットツールを使ってバレルナットを外す
 インストールツール中の、レイルにかませるツールを使ってレシーバーとハンドガードをバイスに固定し、無理な力がかからないように回します。

3:バレルを外した後、ハンドガードを逆ネジ方向にひねって外す
 本来はハンドガードをロックするナットを時計回りに回してハンドガードの固定を緩めますが、そのナットに合うツールが無いので、ハンドガードごと無理矢理外してしまいます。
 工場出荷時に無茶な締め付けトルクがかかっていなければ何とかなる筈。

いずれも、強度的に大丈夫なんだろうかと不安になりつつの作業です(汗)
(SR15 E3 IWSを分解しようとしてレシーバーを割ったという話を聞いたもので…)

パーツがほとんどアルミ製の為、かじり付きを起こしてビクともしなくなっているので、
シリコンオイルをスプレーしながら慎重に行いました。
ネジロックが塗布されていなかったのが幸いでした。



組み込みは分解の逆ですが、アウターバレルがポン付けで交換できなかったので(当たり前ですが)ノーマルを使って組み上げます。
14.5inバレルとの組み合わせはやっぱりビミョーですね(泣)
アウターバレルの製作が次の課題です!



ちょっと感動したのが、ハンドガードとレシーバーのトップが完全にツライチになった事です。
逆に、VFC製ノーマルレシーバー側がハンドガードにあわせて上面を削っているのに驚きました(笑)

次回はストックとグリップを交換してみたいと思います。


同じカテゴリー(タニオコバ M4カスタム)の記事画像
タニオコバM4 不調解消!
タニオコバM4 小物追加!
タニオコバM4 ようやくアウターバレルを交換
タニオコバM4 セレクターとマグキャッチをアンビに
タニオコバM4 グリップをMIADに
タニオコバM4 ハンドガードを換えてみる
同じカテゴリー(タニオコバ M4カスタム)の記事
 タニオコバM4 不調解消! (2010-02-19 16:19)
 タニオコバM4 小物追加! (2009-12-02 20:47)
 タニオコバM4 ようやくアウターバレルを交換 (2009-11-27 00:46)
 タニオコバM4 セレクターとマグキャッチをアンビに (2009-11-23 21:26)
 タニオコバM4 グリップをMIADに (2009-11-19 22:05)
 タニオコバM4 ハンドガードを換えてみる (2009-11-06 12:29)

Posted by L.A.GUNSHOP  at 23:02 │Comments(0)タニオコバ M4カスタム

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。