2016年02月05日

SRU グロックカービンキット制作記 前編

どもども、カフェオレです。

みなさん気になって気になって仕方が無い、話題のアイツが
メーカーサンプル品を頂ける事となりましたので突貫で組み立ててみました。

アイツって何かって?
コイツのことだー!

[2月中入荷予定.予約受付中]
SRU
マルイ ガスブローバックグロック17/18C対応 カービンキット




本入荷自体はまだ少し先になり、あくまで店で使用してもらう用として出回っている少数先行ロット品です。
こういうサンプル品が頂けるのは非常にありがたい・・・。

今回はガンスタンドも一緒に頂けましたので、さっくりと組み立てて行きたいと思います。
※今回、制作したキットは3Dプリンターで出力された製品の為、
個体差がありキットごとに修正する箇所が異なることが予想されます。
あくまで、参考程度にご覧下さい。






早速本体を!と言いたいところですが、ガンスタンドの組み立てです。

簡単ですね、ガイドに支柱を差し入れるだけです!

ハイ終わり!次だ!次!!





付属品と図解説明書を確認して行きましょう。
付属品は、マガジンキャッチスプリング固定ブロックと専用トリガーだけととてもシンプル。
大半かガービンキットのフレームに組み付けられている状態です。

またグロック本体に収まったパーツをそのまま本キットに移植して使用するとの事で、
大半はそのままの状態で組み込み可能です。
今回はあくまで組み立てるだけですので、そのまま使用していきます。


今回は私物のマルイ グロック17(プチカスタム)を犠牲に使用していきましょう。





スライドを外し











さっくりとシャーシ、ハンマーブロック、トリガー、スライドロック、マガジンキャッチを取り外し、
カービンキットも作業を行いやすくする為に、一旦フロントのレイルパーツを取り外します。







ここで気が付きましたが、レイルは片側のみの取り付けのみとなっています。
フレームとレイルパーツを六角ネジで挟み込んで固定していますが、
ナットの固定が片側のみでしか固定出来ない様になっているので、
フレーム反対側にレイルパーツを取り付ける事は出来ませんでした。

といった所で前編はここまで、次回は本格的に組み込んで行くところをお伝えします。
次回へ続く!

組み込みブログ記事
前編→http://lagunshop.militaryblog.jp/e733740.html
中編→http://lagunshop.militaryblog.jp/e733848.html
後編→http://lagunshop.militaryblog.jp/e733875.html













 

 








同じカテゴリー(レポート)の記事画像
SRU グロックカービンキット制作記 後編
SRU グロックカービンキット制作記 中編
第54回 全日本模型ホビーショー その4 クラウン編
第54回 全日本模型ホビーショー その3 東京マルイ補足編
第54回 全日本模型ホビーショー その2
第54回 全日本模型ホビーショー その1
同じカテゴリー(レポート)の記事
 SRU グロックカービンキット制作記 後編 (2016-02-09 11:00)
 SRU グロックカービンキット制作記 中編 (2016-02-06 13:29)
 第54回 全日本模型ホビーショー その4 クラウン編 (2014-09-26 21:29)
 第54回 全日本模型ホビーショー その3 東京マルイ補足編 (2014-09-26 21:28)
 第54回 全日本模型ホビーショー その2 (2014-09-26 17:36)
 第54回 全日本模型ホビーショー その1 (2014-09-26 12:30)

Posted by L.A.GUNSHOP  at 16:30 │Comments(0)レポート雑談LAカスタム宣伝

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。